南関東ブロックには、600床以上を有する超急性期病院の湘南鎌倉病院や千葉西総合病院をはじめ、救急件数が増大傾向の東京西徳洲会病院や新築移転し新しくなった病院がいくつか存在します。

また療養病棟を有する中沢病院や皆野病院などもあり、平成27年には新規に武蔵野徳洲会病院(東京都)成田富里徳洲会病院(千葉県)茅ヶ崎徳洲会病院(神奈川県)の3病院が開院しました。その他、100~400床前後の病院を含む23病院が存在します。

急性期から慢性期までの医療を経験できるブロックで様々な情報共有を行いながら、食事療養や臨床分野での質向上をめざし、患者様へ還元できるように邁進しております。