神戸徳洲会病院

悩みを一緒に解決していくことにやりがいを感じます。

神戸徳洲会病院(兵庫県) 栄養科 2年目

職場の雰囲気はどうですか?

個々人の食事についての不安や、悩みを一緒に解決していくことにやりがいを感じます。指導した内容を実践し、継続され、良くなってくれると喜びを感じます。上手くいくこと、よい結果ばかりではありませんが、あきらめずに試行錯誤し、実際に患者様に「栄養士さんのおかげやわ」というお言葉をいただけたときは、やっていてよかったと思える瞬間かもしれません。無理のない範囲で、継続できることを軸に、患者様個々に合った食事改善目標を、提案することが一番大切だと思っています。

当院に就職したきっかけを教えてください。

病院の管理栄養士は、大学で学んだ知識を最も活かせると思ったからです。当院は直営で、栄養管理の他に、厨房業務もあります。直営は、患者様に食事について話を聞くだけではなく、直接厨房にも意見を反映させることができると思い、当院を志望しました。

就職希望者へのメッセージをお願いします。

入院患者様だけではなく、外来患者様とも接する機会が多く、個々にあった食事管理はもちろん、コミュニケーション能力も必要です。学んできた知識を活かし、個々人に合わせた食事療法を考えていくためには日々の勉強も大切です。また、栄養指導の際に患者様にとって説得力があるよう自身の健康管理にも充分注意が必要です。こういった、管理栄養士のひとりひとりの努力が患者様の健康につながります。裏方のようにもみえますが、とても重要な役割である分、やりがいのある仕事だと、私は思い、日々勉強しています。

患者様の健康に関わり良くなってくださるよう、一緒に頑張りませんか?