栄養部のご案内

栄養士・調理師をめざす皆様へ

管理栄養士・栄養士の仕事とは…

管理栄養士と栄養士は、個人や集団に食事や栄養についてアドバイスをする「栄養の指導」や、提供する食事の管理(献立作成や食材の発注、栄養素の計算など)をする職業です。

管理栄養士は、厚生労働大臣の免許を受けた国家資格です。病気を患っている方や高齢で食事がとりづらくなっている方、健康な方一人ひとりに合わせて専門的な知識と技術を持って栄養指導や給食管理を行います。一方、栄養士は都道府県知事の免許を受けた国家資格で、主に健康な方を対象にして栄養指導や給食の運営を行います。

個別栄養指導の様子

医師の指示の基、検査データをもとに患者様一人一人のライフスタイル・趣向等を考慮し、病気の治癒に役立つ食事指導を行っています。

集団栄養指導の様子

個別栄養指導と同様に医師の指示の基、指導対象疾患の基本的な知識や食事療法を多人数に伝え、行動変容を導き出せるような指導を行っています。

チーム医療・NST回診の様子1

チーム医療・NST回診の様子2

医師・看護師・管理栄養士・薬剤師・検査技師・リハビリといった多職種との連携で治療やケアを行う事で、より良い医療を実践することが可能となります。

食事管理の様子

食数・献立等給食管理をパソコンにて一括管理しています。患者様・入居者様の栄養管理を行い、日々美味しく食べていただけるよう工夫しながら給食管理を行っています。

調理師の仕事とは…

医療の高度化に伴い、病院・医療施設においては食事に対する極め細かな対応を求められて来ています。徳洲会グループは色々な特徴ある病院・医療施設を持っていて、それに対応できるよう調理師のスキルも多種多様です。食事のよき提供者となりうる調理師を目指して日々調理を行っています。

クックサーブの厨房の様子1

クックサーブの厨房の様子2

従来から行われている調理法で、加熱等の調理後、すぐに提供する調理法のことクックサーブといいます。徳洲会グループの多くの施設が、この調理方法です。

クックチルシステムの厨房の様子1

クックチルシステムの厨房の様子2

クックチルとは、加熱調理(芯温75℃/1分)した食品を急速冷却し(加熱後30分以内に冷却開始し、90分以内に芯温3℃に冷却)、喫食時間に合せて再加熱し提供する調理システムです。

安全に「味」を損なわず製造日を含めて5日間の保存が可能です。多種多様な病院給食などにおいて作業の平準化・コストダウン・衛生管理をより完全な形で適時適温給食が可能となります。

ソフト食の調理の様子1

ソフト食の調理の様子2

ページの先頭へ