職場紹介

福岡徳洲会病院(福岡県)

栄養科の紹介

安心安全な食事の提供、治療に役立つ栄養管理を目指します!

患者食提供方法としてニュークックチル方式を導入しています。大量調理施設の食中毒を防止できる画期的な方法として導入されました。また、4月より早期栄養介入管理加算の算定が認められました。今まで行っていたことが認められました。病院全体でチーム医療が広がってきており、管理栄養士は病棟カンファレンスや回診へ参加することがふえてきました。今後すべての病棟でカンファレンスや回診に参加していけることを目標としています。また、当院では癌治療に力を入れており、治療により食思低下した患者向けに、グラタン、いなり寿司等16種類の料理の中から選んで頂けるようハート食を作りました。個別栄養指導では試食指導があり、患者と患者家族に病院食を試食して頂く指導も行っています。これからも、安心安全な食事の提供と治療に役立つ栄養管理が出来るよう、より一層患者様のために取り組んでいきます。

Point

NST回診:患者中心のサポート体制があります
嚥下回診:他職種と連携し食事調整を行っています
30年間栄養ニュース毎月発行しています

診療科目

基本情報

開 設 昭和54年10月01日
病床数 602床(一般病床) ICU(14床)、HCU(6床)、NCU(HCU・8床)、NICU(18床)、GCU(12床)

交通アクセス

所在地 〒816-0864  春日市須玖北4-5

車でご来院の方

  • ・福岡空港より約30分
    ・九州自動車道太宰府インターより約20分
    ・福岡都市高速道路 板付ランプより約15分

電車でご来院の方

  • ・JR南福岡駅より徒歩約18分
    ・JR笹原駅より徒歩約18分
    ・西鉄井尻駅より徒歩約15分

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

ページの先頭へ