職場紹介

松原徳洲会病院(大阪府)

栄養科の紹介

笑顔とあたたかさを大切に、患者・利用者・職員へより良いサービス提供に努めています

様々な年齢層の患者様に対して食事提供を行っています。併設されている老健と協力し嚥下食の検討を行うことで、個々の嚥下状態に合わせた提供を実践しています。嚥下食の中でもソフト食は栄養士が担当しており、ソフト食の見た目にこだわり実際の魚の切り身のように見えるよう再形成するなど患者様の満足度を向上させるため日々工夫を凝らしています。栄養食指導の実施はもちろんのこと、褥瘡回診やNST回診などのチーム医療にも積極的に参加し連携を図っています。週に一度、心疾患の患者様を対象に集団栄養指導をしたり、市民を対象とした糖尿病教室の講師も行っております。
複数の大学から管理栄養士臨地実習の受け入れを行い、スタッフの力量向上に努めつつ、病院管理栄養士の役割を肌で感じてもらい、今後の医療における栄養管理を担う事の出来る後進の育成にも力を入れています。

Point

やりがいのある職場です。
患者さん、職員だけでなく自分自身のためになる職場です。
自主性が重んじられ、多くの経験が出来る職場です。

診療科目

基本情報

開 設 昭和48年01月01日
病床数 249床

交通アクセス

所在地 〒580-0032  松原市天美東7-13-26

車でご来院の方

  • 阪神高速「三宅」ICより約5分、近畿自動車道「松原」ICより約10分

電車でご来院の方

  • 近鉄南大阪線「河内天美」駅下車2分

病院へのお問い合わせ(総合窓口)

ページの先頭へ